菜園について

 
愛知いしかわ菜園は名古屋市の東南に隣接した豊明市にあります。
緑豊かな土地で477坪のハウスに約3600本のトマトを栽培しています。
周辺は自然が多く残っており、近くにはキジやキツネが住んでいます。
2017年からこの地でスタートを切りました。
 

栽培方法

当菜園ではふくろばいさいばいを採用しており、
培土の入った袋にてトマトを育成しています。
土耕栽培と違い、水分管理や肥料管理がしやすく
糖度を高く設定することが可能になります。
また、狭い袋の中に根っこを展開するため
トマトに良いストレスを与え、果実がより美味しくなります。

肥料・農薬を使用

化学肥料を主に使用しており、有機肥料は目的をもって
部分的に使用しています。
農薬は必要最小限にて抑えて使用しています。
殺菌・殺虫目的に限定しており、トマトの品質低下を防いでいます。
2018年からは効率の良い静電気防除機というものを使い、
農薬の使用量を前年より3分の2に減らしました。